美容

自宅でピーリング。レチノールも配合グリコール酸30%Yeouthピーリングジェルの使い方


次女が卒乳を果たし、少し己を顧みる時間を得て、アンチエイジングに本腰をいれたオーバーフォーティー。

すでに普段のお肌ケア自体がアンチエイジングなのでありますが、ざらざらとすっかりつらの皮が厚くなってしまったお肌のため、さらなる肌ケアに投入したのがグリコール酸のピーリングジェルです。

この記事では購入したグリコール酸の情報とレビューを書いています。

こんな方におすすめ

  • 自宅でのケミカルピーリングに興味がある
  • グリコール酸のピーリングジェルを探している

 

注意

この記事はあくまで個人が商品を購入して得た情報と感想です。専門的アドバイスではありませんので、このサイトの情報を見て行う行為に、一切の責任を負うことはできません。ご参考になされる場合、全て自己責任の上でということ、ご承知おき下さい。m(_ _)m

 

グリコール酸について

グリコール酸とは

ケミカルピーリングに興味がある方、したことがある方は聞いたことがあると思いますが、グリコール酸は代表的なピーリング剤です。

サトウキビ、りんご、パイナップル等から抽出されるフルーツ酸と呼ばれるAHAの中の一種です。AHAの種類は他に乳酸、クエン酸、リンゴ酸などがあります。

フルーツ酸=AHA(a-Hydroxic acid)─ ┌─ グリコール酸
├─ 乳酸
├─ クエン酸
└─ リンゴ酸

私もかつてAHA配合という触れ込みのリンゴ酸が配合された石鹸を使用していたことがあります。リンゴ酸もグリコール酸も同じAHAの一種だったんですね。

グリコール酸の働き

肌のターンオーバーを活性化させる

新陳代謝を促してサイクルを整える。不眠、ストレスなどで乱れるターンオーバーの周期を整えるために新陳代謝を活性化させる働きがあるそうです。まぁ、オーバーフォーティーともなると、加齢という原因も大きいですよ、ね。。。

ピーリング効果

古い角質のを剥がし、真皮に炎症を与え、コラーゲンの再生を促すピーリング効果があります。古い角質には水分が乏しいためターンオーバーが正常でなくなって角質が厚くなった肌にはシワが目立つようになるそうです。

ティッシュペーパーのような薄紙のシワは細かく目立たないけど、厚みのある紙の折ジワは一目瞭然とメージしました。ちょっと違う??

Yeouth, グリコール酸30%ジェルピール

Yeouth, グリコール酸30%ジェルピールの購入を決めた理由

数あるグリコール酸配合商品からこれを選んだ理由は、グリコール酸30%という高濃度のものだったからです!、さらにレチノールも配合。30%というのは日本ではクリニックで使用するグリコール酸と同程度。グリコール酸が配合されている市販品は2.5%〜7.5%位なのだそう。

御年オーバー40。それなりにAHAやレチノール配合商品も使ってきましたが、それほど大きく効果があったという物には出会えきませんでした。日本国内で市販の物の配合濃度はクリニックで使用するグリコール酸と比べると10%〜25%程度ですから、それもうなずけます。

私がピーリングをしたいと思い立ったのには、脂漏性角化症、皮膚科の先生曰く、「色のないシミみないなもの」。つまるところ老化によるイボ。。。
少しずつ増えて減ることのない、そのイボを除去したいという切なる願いが理由があります。

これ、経験されてる方はご存知だと思いますが、ほっといてもとれません。皮膚科にいって液体窒素で除去する位。先生も「加齢によるものですねー。大きいのは焼いちゃうけど、小さいものはとるの無理かなー」という感じなのです。(美容皮膚科には何か方法があるかもしれませんが、幼子を抱え調べて通う気力がなくて調べていません。)

それゆえに、生半可なピーリングでは太刀打ちできない!と高濃度グリコール酸ピーリングジェルを購入しました!

ちなみに私の肌はそれほどセンシティブではなく、どちらかというと面の皮は厚いほうなので、

皮膚が薄い方、敏感な方にはおすすめしません

高濃度ピーリング剤を海外から個人輸入して使用することは危険と言う医師もいるくらいなので、使用を控えた方が良いと思います

私自身はそういった情報を承知しつつ、完全なる自己責任の下、購入し・使用しています。

Yeouth, グリコール酸30%ジェルピールについて

購入したところ

iHerb

iHerbとは

iHearbは自然派製品をお置こう扱うアメリカのオンラインショップです。サイトも日本語選択でき、発送も佐川急便やヤマト運輸で国内並みの送料で発送されるので、日本のオンラインショップさながらお買い物ができます。 オーガニック商品やナチャラルな商品が国内で購入するよりも低価格で購入できておすすめです。

値段

¥2879(購入当時)

海外サイトなのでドル円レートによって変動があります

商品説明

次のような症状を集中ケアする効果的なピーリングジェルです

  • 乾燥による小ジワやシワ
  • 毛穴の広がりと黒ずみ
  • 吹き出物とニキビ跡
期待される効果
  1. グリコール酸の角質除去効果毛穴の詰まりを解消して不純物を取り除き、肌細胞の再生をサポートして小じわの目立たない肌へと導きます。毛穴の目立ちにくい肌に整えます。
  2. 肌細胞をサポートするレチノールビタミンAの誘導体であるレチノールが健康な肌をサポートし、小じわを目立たなくすることで、よりしなやかで若々しい肌に導きます。
  3. 癒しの緑茶抗酸化物質を豊富に含むポリフェノールが、肌に栄養を与え、肌を落ち着かせます。緑茶はフリーラジカルを中和するのに最適な成分で、日焼けした肌の見た目を改善します。

成分

水、 グリコール酸、 オクトキシノール-10、 フェノキシエタノール、 ヒドロキシエチルセルロース、 プロピレングリコール、 キュウリ果実エキス、 チャ(緑茶)葉エキス、 カミツレ花エキス、 水酸化ナトリウム、 パルミチン酸レチノール、 コンフリー葉エキス

Yeouth, グリコール酸30%ジェルピールの口コミ

良かった口コミ
  • 毛穴の詰まりに絶大な効果アリ
  • 皮膚科のピーリングと同等の効果があります
  • 一度の使用で驚くほどツルツルになります
悪かった口コミ
  • 顔に塗ったところ、皮膚の一部が赤く炎症し翌日になっても赤みがひかなかった。 商品が強すぎた。
  • 劇的に吹き出物が改善されませんでした
その他の口コミ

軽い火傷のようなダウンタイムなどリスクを含めて効果を感じることができる

洗い流すまでの時間が短すぎると効果は薄く、長すぎると皮膚がめくれるほどのダメージがあるため、見極めが難しい

という口コミがありました。

全体的に効果はあるものの、使い方によって逆に肌を痛めてしまったりするようです。強い薬剤の効果もさることながら、リスクも有るということに気をつける必要がありそうです

Yeouth, グリコール酸30%ジェルピールの使い方

使い方の詳細は・・・瓶に貼られたシールをめくったところに書かれています。以下、あくまで素人の翻訳になります!

わかりにくい

使用前に気をつけること

  • スクラブマスク、角質除去剤、サンレスタンニング剤(わざと日焼けしているように見せるものみたいです)、AHA,BHA,ビタミンA(ルチノール)が配合された製品や、肌に刺激を与えるような商品はピーリングを行う48時間前から使用しないで下さい
  • 産毛を剃ったりワックスでの脱毛処理はピーリングを行う48時間前からしないで下さい。
  • ピーリング剤使用後一週間は日焼けを避けて下さい
  • 初めての人はパッチテストをして下さい

 

パッチテストの方法
  1. あごの下の小さな範囲で行います。顔全体に塗る前にアレルギー反応がないか確認して下さい。
  2. 放置する時間は30秒以内にして下さい。
  3. 水で洗い流して下さい
  4. 24時間待ち、発疹や炎症がないか確認します

 

いよいよ、ピーリングの手順

step
1
パッチテストを完了させる

パッチテストを必ず行ってから始めて下さい

step
2
メイクを落とす

メイクを落としよく洗い流し、拭いてかわかします

step
3
グリコール酸をぬる

グリコール酸をコットンか、綿棒でぬります。

額から塗り始め、頬と顎へと下方向へ動塗ってゆきます。それから鼻と首へとぬります。敏感ではない所からぬり始めます目、耳、口の周りは避けて下さいぬる前に眉毛、目の周り鼻の孔、口の周りをワセリンで保護しても構いません。

初めて使用する場合

初めて使用する場合はグリコール酸を顔全体に塗ったら30秒以上放置しないで下さい。これは重要なステップです。肌がピーリングに耐えられるかを見極め、次回以降に放置する時間を増やしていきましょう。長い時間放置しすぎるとグリコール酸が深くまで浸透してしまい回復までに時間がかかります。

step
4
時間と肌の状態に注意しましょう

ぬり終わったら、時計と同様に肌の状態もよく確認してください。
肌がピンク色になってきたら、ピーリング剤を水で洗い流す時間です。

step
5
8分以上は置かない

8分以上はぬったまま放置しないで下さい。

step
6
水で洗い流しましょう

冷たい水で肌を十分に洗い流して下さい[/st-step]

step
7
顔を拭く

通常通り柔らかいタオルで拭いて下さい

step
8
保湿します

Yeouth, 日中/夜用クリームYeouth, エイジングケア・モイスチャライザーL22でたっぷりと保湿します。

省スペースにしっかり自社製品推し!

私は使ってません。お手持ちので構わないと思います。

 

ピーリング後のケア

  • ピーリング後2時間は汗をかくような運動はしないで下さい
  • ピーリング後3〜5日は角質除去のためのスクラブ剤を使用しないで下さい
  • こすったり、もんだり引っ掻いたりしないようにして下さい。炎症を引き起こす場合があります
  • 48時間以内はレチノール商品を使わないで下さい
  • 12時間はファンデーションを使用しないで下さい
  • 日中は最低でも15SPFの日焼け止めを常に塗り、肌を守って下さい
  • 48時間は太陽を避けて下さい

ここでもYEOUTH製品のおすすめがありましたが割愛させて頂きました。

トリートメントの間隔

最大限の効果を得るためには、少なくとも3週間待ってから次のピーリングを行い、その後は3~4週間に1度、メンテナンスとしてピーリングを行ってください

使用中は肌の状態を観察し、赤みやほてりがある場合は使用を中止してください

実際に使ってみた

一回目

こんなに気をつけて使ったほうが良いと書きながら、私パッチテスト、していませんでした。というか、説明書の存在に気づかず、ジェルの塗る順番もよく考えずに、ささーっと1プッシュ分のジェルを指で手早くぬっていき、

ぬったあたりからピリピリしてきたので10秒位で速攻ササッと洗い流しました。ぬり始めて30秒というところだと思います。

それでも効果は実感できました!

洗い流したら特段に赤みなど特に問題はなし、手触りがゆで卵の殻だったお肌の表面が一枚向けて薄皮くらいの水分を感じる様になりました。(たとえ分かりにくいでしょうか・・・)

2回目

今回は塗り方も考え、始めは額、こめかみ、肌の薄い頬骨辺りは最後に塗布。少しぴりぴりはしたものの前回特に問題なかったので20秒くらいで洗顔。一回目の後気のせいかと思っていた肌の変化でしたが、やっぱり指先に肌の生っぽさを感じる!(どれだけかっさかさだったんだ・・・)

次の日も特に赤みが残るなどの変化はなし。

まとめ

2回の使用で、劇的な見た目の効果はあまりありませんでしたが、明らかに手触りが違ってきました。次はもう少し放置時間を長くしてみたいと思います。

説明書にも色々と注意書きがありましたが、結構注意が必要なのがマスクです。

やはりお肌が敏感になってしまっていたのだと思います。マスクとの摩擦のせいか、炎症するという程ではありませんでしたが、鼻の頭、頬の高い部分が赤くなってしまっていました

今の時代マスクは欠かせないものですが、私は次の日に外出しなくても良い日、するとしても短時間だけの日の前日に使うことにしています。

このまま無茶せずにケアを続けて、つやっと光るゆで卵肌を目指したいと思ってます

 

 

おすすめ記事

-美容

© 2021 やおよろずのよろずごと